持ち去り防止

どんなに頑丈な金庫でも、持ち去られてしまっては意味がありません。100キロもある金庫でさえ、大人2人いれば持ち去り可能です。金庫に関する犯罪の割合んで金庫の持ち去りは実に15%にも及びます。
持ち去りを防止する有効な方法として、金庫を床に固定する方法があり、比較的軽い金庫であってもなかなか持ち去れないようになります。泥棒があきらめる決め手になる場合も多いといいます。

床アンカー固定

金庫底面の穴と床面の穴をアンカーで固定します。この方法は直接金庫を家の床に固定するため、持ち去り防止に非常に有効です。欠点は、賃貸やテナントでは施工に制限がる物件では出来ない事です。また、床面はコンクリートでなければ固定できません。

ベースボード固定

金庫の底面と、ベースボードと呼ばれる鉄板をボルト固定する方法です。ベースボード自体は建物と直接固定されていません。基本的にベースボードが大きければ大きいほど持ち去り防止効果があります。ベースボードの効果は、金庫を持ち上げたり、引きずったりする事を困難にし、さらに出入り口のドアより大きなベースボードを使用する事で、さらに効果が上がります。

床固定+ベースボード固定

金庫の底面とベースボードを固定し、さらにこのベースボードに穴をあけ、床面をアンカー固定する方法です。通常のアンカー固定と同様、基本的にコンクリートの床にしか固定できません。
防犯効果はこの3種類の中で一番高い仕組みとなっています。

kinkoSite.com MENU

Copyright (C) 2010 Hiroaki Hasimoto All right reserved.
ddd