色々なロックタイプ

現在の金庫はオーソドックスなダイヤルタイプから最先端の指紋認証まで様々なロックシステムから製品を選べる時代になりました。
それぞれのロックタイプの特徴があります。ロックタイプの長所・短所を良く理解し、用途に合ったロックタイプを見つけましょう。

シリンダータイプ

一番オーソドックスな「鍵」を使って施錠するタイプです。鍵を挿入して回せば施錠・解錠出来るので取り扱いが簡単です。
弱点は簡単に鍵の複製品が作れてしまう事と、ピッキングによる解錠の可能性がある事。
そのため、現在ほとんどの金庫はピッキングの困難なディンプルキーを採用しています。

 

ダイヤルタイプ

金庫の中で一番オーソドックスなタイプです。
ダイヤルによる機械仕掛けのため、動作の信頼性が抜群です。一方いちいちメモリを合わせる手間がかかってしまうので、頻繁に物を出し入れするような使い方の場合不便を感じるかもしれません。

 

テンキータイプ

電子ロックの暗証番号をボタン入力するタイプ。
自由に暗証番号を自由に設定・変更できます。ボタンをプッシュするだけで解錠できるので、ダイヤルタイプの様な煩わしさがありません。一方、電ロックは電池で動作しているため、電池がなくなれば解錠することはできません。ただ、施錠状態で電池交換は出来ますし、電池が切れても暗証番号は記憶されているのでそう言った不安はありません。

 

指紋認証タイプ

指紋認証などの体の一部を利用し認証に利用する事を生体認証と呼び、最新の認証システムです。
一番の長所は何と言っても指を機会にスライドさせるだけで解錠できる手軽さと登録された指紋以外では解錠出来ないセキュリティーの高さです。さらに指紋は複数登録出来るため、家族の指紋を登録でき、暗証番号を忘れて解錠出来なくなることもありません。また、怪我などで登録した指が使えない場合、別の指を予め登録しておけば安心です。

デメリットはテンキーと同じように電池切れ。さらに指紋は年月とともに若干変化していくため、認証されにくくなることがあります。

 

マルチロックタイプ

指紋認証ロック、テンキー、ICタグ、シリンダー錠などの施錠システムを複数照合して開閉するタイプや、用途に合わせてロックシステムを選べるタイプをマルチロックシステムと言います。
必ずしも指紋認証+テンキーを組み合わせた様な2重ロックを指すものでない事に注意する必要があります。
ただし、大抵の場合シリンダー錠が装備されているためシリンダー錠+テンキーなどの2重ロックとなっている場合がほとんどです。

kinkoSite.com MENU

Copyright (C) 2010 Hiroaki Hasimoto All right reserved.