耐火金庫の基礎知識

耐火金庫は主に火災対策として使われる金庫。日本で一番普及しており、ホームセンターなどでよく見かける金庫が耐火金庫と呼ばれるタイプです。
火災による紙幣や各種書類、データディスクが消失するのを防止するのが目的です。
盗難防止性能もあるが、防火性能に重点を置き設計された金庫を「耐火金庫」と呼んでいます。

本体の主な材質は発砲コンクリートであり、それに水が含まれています。火災時にはこの水が蒸発することによる気化熱を利用し内部の温度上昇を抑えます。
また、気化した水蒸気は金庫の扉の隙間から放出される事で、炎や熱風の侵入を防ぐ働きをします。

耐火金庫には寿命がある。

金庫はその丈夫さから、半永久的に使えると思われがちですが、実は耐用年数があります。
長年金庫を使っていると、発砲コンクリートに含まれる水分が徐々に蒸発し、耐火性能が低下してしまいます。
製造後20年も経過すると、水分量のおよそ20%が消失され本来の耐火性能を維持できなくなります。
この事から基本的に有効耐用年数は、金庫製造からおよそ20年とされ、この時期を目安に金庫の交換を推奨しています。

 


kinkoSite.com MENU

Copyright (C) 2010 Hiroaki Hasimoto All right reserved.