耐火金庫には寿命がある

金庫は丈夫に作られている為、半永久的に使えると思われがちですが、実は耐用年数が決められています。その耐用年数は20年。以外に短いと思われますが、耐火性を維持する為の理由があるのです。

耐火金庫は火災時に発砲コンクリートに含まれる水分が蒸発する時に発生する気化熱を利用し、温度上昇を抑えています。
この耐火性に必要不可欠な水分が、長期間使用していくうちに徐々に蒸発してしまうのです。
当然水分が少なくなると本来の耐火性が発揮出来なくなり、月日とともに性能が低下してしまいます。
日セフ連(日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会)の水分量と経年変化の調査では、製造後20年も経過すると、水分量のおよそ20%が消失され本来の耐火性能を維持できなくなる事が検証されました。
この事から基本的に有効耐用年数は、金庫製造からおよそ20年とされ、この時期を目安に金庫の交換を推奨しています。

kinkoSite.com MENU

Copyright (C) 2010 Hiroaki Hasimoto All right reserved.